♪♪♪ 英語・英会話の上達に毎日1分 ♪♪♪
毎日コツコツが英語学習の基本! しかも英語力を伸ばす最短の方法!

1日1分だから、【シンプル】 & 【ラクラク】 & 【自然】 に上達!
さらっと毎日読むだけでいいですよ♪ 英語力が【急速】に【着実】に身につきます!

♪♪♪ TOEIC ・ TOEFL ・ ビジネス英語 ・ 英検 ・ 受験対策に、一緒に英語を学びませんか? ♪♪♪

今日も 「 毎日1分!英語塾 」 にお付合い下さい! よろしくお願いします♪

毎日1分!英語塾 (January 31, 2014)

■ The audience sobbed throughout the climax of the movie.  

観客は映画がクライマックスの間、すすり泣きした。
sob  しくしく泣く


■ U.S. online shopping giant Amazon is hoping to bring the future in delivery service a step closer to reality soon.
It's trying to deliver packages directly to your doorstep, using small unmanned aircraft.

アメリカのネット販売大手アマゾンは、宅配サービスの未来の形を近いうちに一歩現実に近づけたいという構想を描いています。
アマゾンは、小型の無人機を使って荷物を玄関先まで直接配達しようと考えているのです。


毎日1分!英語塾 (January 30, 2014)

■ Don't hesitate to contact me.             

気軽に私に電話してください。 
hesitate to do  ためらう


■ The fighting has forced more than 800,000 Syrians to flee into neighboring Lebanon .
Many refugees are trying to seek shelter from the bitter cold.

戦闘によって、80万人以上のシリアの人々が隣国レバノンへの避難を余儀なくされ、
難民の多くが厳しい寒さをしのぐ避難所を探し求めています。

毎日1分!英語塾 (January 29, 2014)

■ My wife burst into tears.       

女房が突然泣き出した。        
burst into  急に・・・しだす


■ Developers from electronics firms around the world showed off their latest innovations.
They were gathering for the International Consumer Electronics Show in Las Vegas .

世界中の電子機器会社の開発担当者たちが、ラスベガスでの国際家電見本市のために集まり、新製品を披露しました。

毎日1分!英語塾 (January 28, 2014)

■ You must perform your duty. 

あなたは自分の義務を果たすべきだ。    
perform  ・・・を行う、演じる


■ The government has decided to speed up the development of cutting‐edge technologies by about 10 years to put them to practical use before the 2020 Olympic and Paralympic Games in Tokyo.

政府は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、実用化が見込まれる先端科学技術の開発を10年程度、早める方針を固めました。

毎日1分!英語塾 (January 27, 2014)


■ Advertisements urge us to buy luxuries.             

宣伝広告に駆り立てられて私たちは高価な商品を買ってしまう。           
urge ・・・を主張する、駆り立てる


■ Tourists are expected to stream into Japan ahead of the 2020 Summer Olympics in Tokyo ,
and government officials want to make road signs, English street signs, easier to read.

2020年の夏の東京オリンピックを前に、多くの観光客が日本に押し寄せてくると見られていることから、
政府の当局者は道路標識(英語の道路標識)をもっと読みやすいものにしたいと考えています。