♪♪♪ 英語・英会話の上達に毎日1分 ♪♪♪
毎日コツコツが英語学習の基本! しかも英語力を伸ばす最短の方法!

1日1分だから、【シンプル】 & 【ラクラク】 & 【自然】 に上達!
さらっと毎日読むだけでいいですよ♪ 英語力が【急速】に【着実】に身につきます!

♪♪♪ TOEIC ・ TOEFL ・ ビジネス英語 ・ 英検 ・ 受験対策に、一緒に英語を学びませんか? ♪♪♪

今日も 「 毎日1分!英語塾 」 にお付合い下さい! よろしくお願いします♪

毎日1分!英語塾 (February 4, 2014)

■ With a scream the spectators scattered.

顧客は金切り声を上げて逃げ散った。
scatter  ・・・をまき散らす


■ Hiroko Oyamada has won the 150th Akutagawa Prize for up‐and‐coming authors for her novel “Ana” (Hole),
while Makate Asai and Kaoruko Himeno shared the 150th Naoki Prize for popular literature.

小山田浩子さんが小説「穴」で、新進作家に与えられる第150回芥川賞を獲得しました。
大衆文芸の第150回直木賞には、朝井まかてさんと姫野カオルコさんの2人が選ばれました。


毎日1分!英語塾 (January 6, 2014)

今年もよろしくお願いします。
平和で素敵な1年でありますように!


■ We derive further pleasure from our study.         

私たちは勉強からさらに楽しみを引き出す。           
derive  ・・・を引き出す


■ Washoku is added to UNESCO's Intangible Cultural Heritage List.

和食は、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されます。

毎日1分!英語塾 (November 19, 2013)

■ Lout for pickpockets on the train.  

列車ではスリにご用心。 
look out for ・・・に注意する 


■ Japan's Cultural Affairs Agency proposed adding the country's food culture to the list of heritage assets. 
Members of a UNESCO committee have recommended that Japan 's culinary arts be designated an Intangible Cultural Heritage asset. 

日本の文化庁は、日本の食文化を文化遺産の一覧に加えるよう提案しました。 
ユネスコの委員会は、日本の食文化を無形文化遺産に指定するよう勧告しました。 

毎日1分!英語塾 (October 2, 2013)

■ I summoned up my courage, and walked inside.

私は勇気を奮い起し中に入って行った。
summon  ・・・を呼び寄せる、召集する


■ The Tokyo delegation emphasized its plan for a “compact Games” in which 85 percent of venues will be located within an eight‐kilometer radius of the Olympic Village.

東京五輪招致の代表団は、競技会場の85%を選手村の半径8キロ圏内に配置する「コンパクト五輪」計画を力説しました。

毎日1分!英語塾 (October 1, 2013)

■ We cannot exclude feeling from our experience.

私たちは経験から感情を締め出すことはできない。
exclude  ・・・を締め出す、排除する


■ The Oscar-winning director Hayao Miyazaki will no longer make animated feature films.
The head of his studio announced Miyazaki 's retirement at the Venice International Film Festival.

オスカー賞受賞者の宮崎駿監督は、もうこれ以上、長編アニメ映画を作りません。
監督のスタジオの社長が、宮崎監督の引退をベネチア国際映画祭の場で発表しました。